福岡・春日の英語教室 アップル・イングリッシュハウス(ブログ)

アットホームな雰囲気で楽しみながら英語を身につけることができる教室です。ホームページ:http://www.appleenglish.sakura.ne.jp/

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017年2月5日

この1月からスタートした小学生クラスの洋書の多読、サクサクと進んでいます。

Go on Mum

選んだ絵本はやはり、オックフォードリーディングツリーです。
このシリーズは、さすがイギリスの小学校の教科書にもなっているだけあって、
お話しにおちがあって、語彙もレベルにあったものが繰り返し出てくるようにできていて、
これ以上、多読を始めるのに適した絵本は私が知る限りいまのところ見当たりません。


chart.jpg

今年の私の新年の抱負は、子どもたちが楽しんで多読を続けられる環境をととのえることと、
私自身も多読を実践することです。私の目標は500万語突破。
今年多読を始めた子どもたちには、「100冊突破したらケーキでお祝いしようね。」とちょっと飴をぶら下げています(笑)。












テーマ:英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育
                                      2016年10月29日

この時期になると、小学生はハロウィンパーティにむけてBBカードのハロウィンバージョンを作ります。
今年も素敵な作品がたくさん出来ました!


pink gooseIMG_4178.jpg

   ★ゴールデン パンプキンゲットして嬉しそうですね(^^)   ★お化けのパーティ、楽しそう♪

IMG_4180.jpgIMG_4181.jpg★パンプキンスープにパンプキンケーキ、食欲の秋ですね(^^)/

IMG_4183.jpgIMG_4184.jpg
★お化けが出てきそうな森ですね(*_*;    ★魔法の本を読んでるのかな??
テーマ:英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育
               2016年7月28日

GP2_Hitomi.jpg

春日北中学校 3年生のHちゃん、英検準2級の二次試験も初回で見事に合格されました。

おめでとうございます!

二次試験は自信がなかったとのことでしたが、今年から導入された英検バンドによると
GP2 +2ということで、余裕を持った合格点でした。

Hちゃんが「英検準2級合格にむけて頑張ったこと」は次のことだったそうです。


・問題集(テキスト)をまじめに解く。

・わからない単語や表現があったら調べたり先生に聞いたりする。

・テキストに載っている重要連語をノートや単語帳に書いておぼえる


やはり、英検準2級一発合格は、Hちゃんのしっかりとした目的意識と努力の賜物なのがわかります。

何事も全力でぶつかっていくHちゃんの姿勢にはいつもながらに感心させられます。


               
2016年7月19日

rose.jpg

英検、合格おめでとうございます!

春日北中学校2年生 Mちゃん 4級合格

付属久留米中学校2年生 T君 4級合格

春日北中学校3年生 Hちゃん 準2級合格

今回、惜しくも不合格だった生徒さんたちも、次回、頑張りましょう。


There's a way where there's a will.

「意志あるところに道ありき。」 これは、私の座右の銘です。

2016年5月28日



Although President Obama did not appologize for the US dropping the A-bombs, his speech was filled with his sympathy toward the victims of the A-bomb in Hiroshima as an equal human being and he focused on the doom of advancing civilization. He appealed that we should learn from the history and make persisitent effort to pursue a world without neuclear weapons saying "We can learn. We can choose. We can tell our children a different story".

オバマ大統領はアメリカの原爆投下について謝罪こそしなかったが、原爆の被害者に対して同じ人間としての痛みが感じられるスピーチだった。進化する文明が人類を滅ぼしかねない危険性をはらんでいることを説き、そのためにも今、私たち人間の道義が問われていることを訴えた。私たちは広島と長崎の悲劇を繰り返してはならない。


スピーチ原稿
(英語)
(和訳)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。