福岡・春日の英語教室 アップル・イングリッシュハウス(ブログ)

アットホームな雰囲気で楽しみながら英語を身につけることができる教室です。ホームページ:http://www.appleenglish.sakura.ne.jp/

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Windmill.jpg
Heidi  Akiko

                   November19,2011

Early this month, I visited my daughter in the Netherlands for a week.

First of all, I was gald to see my daughter was doing well there.

She shares a house with two Dutch friends and enjoys her life there.

Although I stayed in the Netherlands only for a week, I found it a good place to live;

people are kind, they care nature so well, and the living cost is not so high.

While she was at school, I joined an excursion to a windmill site.

In the 19th century,when more than half the land used to be below sea level,

there were about10,000 windmills to drain water from there.

In the 20th century, however,an excellent flood control system

was developed and replaced windmills.

Only few of them remain and attract tourists from abroad like me.

The vew of the windmill turning slowly in the wind was so peaceful,

although there was a long history of their struggles

against the flood in the Netherlands.


今月の始め、オランダに留学している娘を訪ねてきました。

留学してはじめの頃は言葉の問題等、苦労していたようですが、

今ではすっかりあちらでの生活に馴染み、楽しんでいるようでした。

わずか1週間足らずの滞在でしたが、オランダは人々も親切で、自然も豊かで

物価も安く、とても住みやすい国との印象を受けました。

娘が学校に行っている間に、1日オランダ観光ツアーに参加し、

風車や堤防、木靴やチーズの店を訪ねました。

オランダといえば風車というイメージでしたが、

かつては1万基ほどあった風車も、大堤防ができてからはその役目を終え、

今では観光用にわずかに残っているだけでした。

羊たちが草を食むかたわらで、ゆっくりと回る風車の眺めはなんとものどかですが、

かつてオランダの人々が洪水と戦ってきた歴史があったことも

忘れてはならないでしょう。
                 
                    


holland shoes










スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。