福岡・春日の英語教室 アップル・イングリッシュハウス(ブログ)

アットホームな雰囲気で楽しみながら英語を身につけることができる教室です。ホームページ:http://www.appleenglish.sakura.ne.jp/

2014年7月31日


 
スティーブン・クラッシェンという言語学者によると、

人が言語を話せるようになるのは”Comprehensible input"(理解できるインプット)の結果だという。

意味のあるインプットが蓄積した時、人はおのずと言語を話せるようになるという。

言語習得の過程には個人差があるという説があるが、彼は言語習得の経路はひとつであり、

それは、人が食べ物を消化するのと同じだと言っている。

食べ物が口から入って消化されるのは日本人であろうとアメリカ人であろうと共通であるように、

人はメッセージを理解したときに初めてその言葉を取り入れることができるという。
 
大切なのは、消化の良いものを(理解できるものを)十分な量食べることだろう。

日本の学校では、最初は楽しかった英語も中学1年の終わりには半分くらいの生徒が消化不良を起こし、

中学を卒業するころには3分の2くらいの生徒が英語にアレルギー反応を起こしているのが現状ではないだろうか。

もっと、消化の良い、おいしいものを食べさせてあげたら、

多くの生徒が英語嫌いにならずにすむのに残念である。


スポンサーサイト
                        2011年2月5日

昨日は通訳ガイド試験の合格発表の日でした。

日本政府観光局のホームページに行き、

「平成22年度通訳案内士合格発表!!」を見て

自分の受験番号を探すと

あ・り・ま・し・た~!!

久しぶりに、どきどきして

受験番号を見間違えでないことを何度も確認しました(笑)

これも、ひとえに私に受験を勧めてくれ

サポートしてくれた友達のおかげです。

そして、運命の神様も助け船を出してくださったことに

感謝です。

皆様、ありがとうございました。





                       2010年12月6日

昨日、通訳ガイド2次試験を受けてきました。

2次試験は面接試験で、英語で日本の文化や歴史などについて

質問を受け、答えなければなりません。



外国人の試験官から質問されたのはまず、

"Please tell me about the Edo period."

でしたが、「江戸時代は1603年から1868年にわたる」というのが

英語でさっとでてこず、

"Edo Period was founded by Tokugawa Ieyasu in 1603."

という、何ともおかしなことを言ってしまいました。

そのあとも江戸幕府が日本を統制していたことを

言いたかったのですが、

かなり支離滅裂な答え方をしたと

後になって思います。(その時は英語をしゃべり続けるだけで精一杯)

試験官の方はよく変な顔もせずに聞いてくれたなぁと思います。

あとで過去問集を見てみるとちゃんと

「奈良時代を説明せよ。」というので

"The Nara period spanned from 710 to 784"というのが

ありました。



既にガイド試験に合格した友人から

たくさんの資料を提供してもらって

勉強していたんですが、

実際のインタビューでは

なかなかうまく言えないもんだと実感しました。

あとは、運命の神様に祈るのみです。

                  2010年 6月6日

昨年娘が大学生になって、時間に余裕ができたのを機に

TOEICの学習を始めました。

今、山で言うと9合目ぐらいまで登ることができましたが

なかなか頂上には辿り着くことができません。

TOEIC用のブログをはじめました。

よかったらのぞいてみてください。

そして、TOEICに興味がおありのかた、

ぜひ、いっしょに勉強しましょう!

ブログ:
 すてっぷ あっぷ TOEIC

2009年12月21日

今年のTOEIC満点のゴールは達成ならず。
あたりまえといえば、あたりまえ。
まだまだ、勉強がたりないです。
リーディングが伸びてきたと思えば、
リスニングが下がり、なかなかゴールは見えません。
11月29日受験のTOEICは、970(L480 R490)で終わりました。
あと、少しというところが踏ん張りどころですね。
来年、再チャレンジします。
この半年、TOEICを意識して勉強を続けることができたのは
ひとえにブログを通じて知り合ったTOEIC仲間のおかげです。
ありがとうございます。
また、これからもよろしくお願いします。