福岡・春日の英語教室 アップル・イングリッシュハウス(ブログ)

アットホームな雰囲気で楽しみながら英語を身につけることができる教室です。ホームページ:http://www.appleenglish.sakura.ne.jp/

                                    2017年11月11日

今年も10月28日にハロウィンパーティを開きました。
今年はBBカードを使って、ハロウィンにちなんだゲームをたくさんしました。

中でも盛り上がったのは、円形に座り、絵カードを順番にめくっていって、
魔女やお化けといったハロウィンのキャラクターが出たら、
”Boo"と言って一斉に立ち上がり、立ち上がるのが一番遅い人がカードの山をもらうゲームです。
(日本のお化けはうらめしや~ですが、西洋のお化けはブーと言うそうです。)


party2.jpg
↑大判のBBカードを使い、陣取りゲームをしました。


party1.jpg
仮装もそれぞれに工夫していて、みんなかわいいですね(^_-)-☆


candy.jpg
ハロウィンの一番の楽しみはなんといってもTrick or Treat!
今年もお母さま方に協力していただき、キャンディをゲットしに行きました!


cake2017.jpg
今年もパンプキンチーズケーキをみんなでいただきました(^◇^)
snacktime.jpg

Happy Halloween !







スポンサーサイト
                                           2017年10月28日
trick or treat


毎年10月31日に行われるHalloweenは、もともとイギリスのケルト人の祭りで、秋の収穫を祝い、悪い自然霊や魔女を追い出す祭りでした。

それが、キリスト教の「万聖節」(All Hallow's Day すべての聖人と殉教者たちを祭る行事)と重なり、現在はおもにアメリカの子供たちの大好きな行事となっています。

子どもたちは自慢の仮装をして”Trick or treat!”「お菓子[treat]をくれなきゃイタズラ[trick]しちゃうぞ!」と言いながら近所の家々を回り、バッグいっぱいのお菓子をもらって、ちょっと怖い映画を見たりして楽しい夜を過ごします

                                        2017年10月22日

今年もハロウィンの季節。
教室では10月28日(土)の夜に小学生・中学生合同でハロウィンパーティを行います。
昨日の小学生のレッスンでは、ハロウィンパーティのためのキャンディバッグを作りました。

candybag2017.jpg

教室も少しずつ飾りつけを始めました。
class2017.jpg

ハロウィンパーティでは生徒さんたちが作ったオリジナルカードとBBカードを使って、BINGOやスゴロクなどみんなで楽しみます。普段はレベル別の少人数制ですが、パーティでは年齢差のある子どもたち同士で協力しながら遊びます。
初めて会ったお友達ともすぐに仲良くなれるのにはいつも感心させられます。



★小学生が描いたハロインのオリジナルカード

original1.jpg
↑かわいいおばけさんですね。初めてのオリジナルカード、とても上手に描けました!

original2.jpg
↑とてもユーモラスな絵と文ですね。見ていて楽しくなります♪
2017年8月1日

今年も、ウィッシュ英語教室、シュガープラム英語教室のお友達と一緒にハウステンボスでの一日英語研修旅行にでかけました。
ウォームアップのゲーム、クイズラリー、ショッピングなど、積極的に英語を使って楽しみました。


fruitbasket.jpg

フルーツバスケット、定番のウォームアップアクティビティですが、みんな椅子をとるのに必死です!



shopping.jpg

なかでも好評だったのは、おもちゃのドル札を使ってのショッピング。
"How much is this?" 初めて使う言葉だったけど、欲しいグッズを買うために頑張って言えました!




lunchtime.jpg

ランチは、ウォーターマークホテルでのバイキング。
先生との会話も少しずつ慣れてきました。


今年もお陰様で無事に一日研修旅行を終えることができました。
夏休みの思い出になったかな?
2017年6月24日

500万語


今日、Page Turnes シリーズの”The Yellow Field" を読み終え、500万語を突破しました。
洋書の多読を始めたのは2006年7月のことでした。
BBカードの創案者である難波先生から「騙されたと思ってやってごらんなさい。」と多読ををすすめられ、
とりあえずやってみたところ、その魅力にとりつかれてしまいました(笑)

多読は、自分の英語力よりも数段低いレベルのものを読みます。
それまで、英語力をつけるためには自分のレベルよりも高いものを読まなければならないと思い
苦労しながら洋書を読みはじめては頓挫していたのですが、自分のレベルよりも低いものを読むことで、
読書を楽しむ余裕が出てきたのだと思います。
しかも、無理に訳さすことなく、文脈から英語が理解できるようになり、読書スピードも格段にあがりました。
こんな楽で効果的な英語の学習法があるのかと目から鱗の体験でした。
これからも楽しみながら多読を続け、生徒にも多読を勧めたいと思います。